アジアン家具の魅力

アジアン家具の魅力とは、なんでしょうか。アジアン家具と言っても、一概にどこの国からのものとは決まっていません。日本が輸入しているアジアン家具は、インドやベトナム、タイ、インドネシアや中国からのものが、主です。 アジアン家具は、以前からブームになっていました。

そして、最近のエコブームで、環境に優しいと言われているアジアン家具が再注目され、さらに人気が出ています。アジアン家具は、環境に優しいので、つまりは人に優しい家具だと言えます。ナチュラル素材が多く使われているので、人肌に優しく、精神的にも癒しの効果があります。

アジアン家具は、たとえ都会にいながらでも、東南アジアの癒しの地にいるような、ほっとさせてくれる優しい家具なのです。アジアン家具には、木は使われていません。気を伐採しない事は、環境保護にもつながります。アジアン家具に使用されている竹やつるは、木とは違い、切っても切ってもすぐに生えて来てくれる、繁殖力のある植物なのです。

欧米でもアジアン家具が人気

以前は、アジアン家具にあまり興味がありませんでした。むしろ欧米スタイルの方が可愛くて好きだったのですが、今ではすっかりアジアン家具の魅力に目覚めてしまいました。私はひょんなことから国際結婚をしてアメリカに6年住みました。その6年で分かったことは、欧米ではアジアン家具がとても人気があるということです。

そして、所得のある人ほど インポートものであるアジアン家具を購入する傾向にあります。広い家のうち、一部屋は必ず禅とアジアン神秘が融合するそんなテーマの空間を持っています。アメリカで友人の家を訪ねるうちに、アジアン家具でまとめられたセンスの光るインテリアにどんどん惹かれていきました。

そして気が付いたのは、アジアン家具の基本色とも言える「こげ茶」は デコレーション次第で暖かみのある雰囲気作りも、涼しげな演出も両方できるということです。「こげ茶」という色が、部屋の印象を暗くしてしまうのではないか?という勝手な思い込みも大外れでした。

ポイントになる少々カラフルな小物を置くことで 初心者でも驚くほど雰囲気の良い部屋が作れてしまいます。また近頃、日本人が少しづつ 欧米人のように家の照明器具の使い方が上手くなっていることも、アジアン家具をより魅力的に見せるチャンスだと思います。

アメリカの家庭で唯一、蛍光灯が照明器具として使われるのはキッチンのみです。それは、蛍光灯の用途が労働や作業をする場のための照明だからです。

私の最初のアジアン家具は、小ぶりなキャビネットでした。手ごろな価格で買え、その何とも言えない素敵なデザインに大感激しました。今年は、リビング用の大きなテーブルを買いたいと思います。お気に入りの一品を見つけることが 今から楽しみでなりません。

 

 

ページのトップへ戻る